詰め物・被せ物 | 柏市の歯医者 てらだデンタルクリニック

てらだデンタルクリニック

0120448264

詰め物・被せ物

ジルコニアについて

ジルコニアセラミックスは、金属イオンの影響がありませんので、長期間にわたる使用後も歯肉の退縮や着色がなく、より天然歯に近い色調再現を実現します。

  • ジルコニアについて
  • ジルコニアについて

ジルコニアの特徴

高い強度と長期安定性

ジルコニアは金属より硬いにもかかわらず、重さは金の三分の一程度です。また、結晶粒子が極めて小さいことから、表面が非常に平滑なため耐摩耗性にも優れてます。年月を経ても、奥歯のブリッジに必要な強度を持ち続けます。
いままでのジルコニアは硬すぎるため、歯科材料として、臨床で応用することは困難でした。しかし、ジルコニアを加工できる歯科医療用のCAD/CAMが開発され、日本でも許可されたため、国内においてもジルコニアの治療を行えるようになりました。

優れた審美性

ジルコニアは天然歯に近い審美性を有します。また、金属を一切使用しないジルコニアセラミックスは、マージン部分の歯肉も健全な状態のまま審美性が保たれています。

優れた生体親和性

金属を一切使用しないため、優れた生体親和性を有します。また、既に装着 されている修復物に含まれる金属との相互作用 も報告されておりません。

高い安全性と信頼性

衛生面では、酸化ジルコニウムは純チタンと比較して表面性が滑らかなため細菌の付着が少なく、安全性に優れています。また、ジルコニアセラミックスは、現在、高品質な製品・サービスで長期的に提供されています。金属イオンの影響がありませんので、長期間にわたる使用後も歯肉の着色がなく、より天然歯に近い色調再現をお約束いたします。

ページトップへ