虫歯治療 | 柏市の歯医者 てらだデンタルクリニック

てらだデンタルクリニック

0120448264

無料通話

虫歯治療

痛みの少ない治療

痛みの少ない治療

大人の方でもお子さんでも、歯医者さんは痛くて怖いところだと思われている方が多いのではないでしょうか。当院では、できるだけ患者さんにリラックスしてもらえるような診療体制をとっております。

麻酔注射もはじめに表面麻酔のシールを貼ってから、電動注射器(アネジェクト)を用いております。アネジェクトはコンピューター制御により注射液の注入量がコントロールされているため、痛みを最小限にすることができます。

歯を削る場合は必要最小限で

歯を削る場合は必要最小限で

当院ではMI(ミニマルインターベンション)という概念のもとに治療を行っております。その言葉の意味は、「歯を削る量を必要最小限にすること」です。歯は削れば削るほど、ダメージは大きくなり歯の寿命も短くなります。

従来の治療法では、銀歯を詰める場合、取れにくい形にするため健康な部分も削らなければなりませんでした。しかしそれでは患者様の歯に対する負担は大きくなってしまいます。

そこで当院では悪い部分だけを削って、歯と同じ色の材料(接着性レジン)を詰める方法を用いて治療を行っています。この方法により、銀歯にせずにその日のうちに白い歯でなおすことが可能になりました。奥歯の間の虫歯などで銀歯にせざるを得ない場合でも  、極力削る量を少なくしております。

目視だけでなく、機械を使って正確な診断を行う

目視だけでなく、機械を使って正確な診断を行う

診断をする際に、より正確な情報を得る為、目視だけではなく「ダイアグノデントペン」というものを使用します。
この機械は、レーザー光によって隠れた虫歯や状態を数値化して表すことができるというものです。目で見るだけではなく、数値で見れるため、患者様にも分かりやすく、治療に対する意識を高めていただくことができます。

虫歯の進行

C1 (初期の虫歯)

C1 (初期の虫歯)

歯の表面が、白く濁ったり茶色くなっていると初期段階の虫歯の疑いがあります。この段階でも放っておくと進行していきますので、当院に診療にお越しください。

C2 (中期の虫歯)

C2 (中期の虫歯)

中期になってくると、歯の表面に穴が開き、表面は茶色や黒に見えます。また、冷たいものや甘いものに対して凍みるなどの症状も見られます。虫歯の治療は、痛みの少ない治療を心がけ、削る部分も必要最小限にとどめるよう行っておりますのでご安心ください。

C3 (後期の虫歯)

C3 (後期の虫歯)

更に進行すると、歯の神経まで虫歯が達してきます。かなり強いズキズキした痛みが感じられることも多いです。歯の神経の治療をおこないますが、当院ではなるべく神経は抜かない治療を最大限に心がけています。

C4 (末期の虫歯)

C4 (末期の虫歯)

末期になると、歯が崩れて根だけが残った状態になります。状態に応じて適切な治療をおこないますが、こうならないようになるべく予防や早期の治療を心がけましょう。

ページトップへ